2007年07月03日

クンダリニー上昇体験の記録・その1

10年ほど前。

今と同じように、サラリーマン生活を送っていたが、当時僕は、かなりの欝状態だった。会社では、何事もないように振舞っていたものの、実のところ、相当ムリをして、回りの雰囲気に合わせていたというのが実情だった。

欝状態になった明確なきっかけは何なのかは、正直今でも分からない。ただ、僕にとってイヤなことばかりで毎日が埋め尽くされていたのは確かなので、ある意味欝になって当然、という環境だったと思う。とにかく、他人に知られずに死ぬ方法とか、蒸発する方法とか、そんなことばかり考えていた。

ここで、当時、そこまで精神的に追い詰められた原因をひとつひとつ挙げていくと、他人への批判的な内容も含むことになってしまうし、そもそもこのブログの趣旨から離れてくるので、本意ではない。また、そういった部分をここに記録してもあまり意味はないのだ。

そんな毎日を送っていたころは、欝に関するメンタルヘルス関係の本や、哲学書なんかも読みふけっていた。金もないので、ほとんどが本屋での立ち読みだったが。

ところで、本屋さんの哲学書の近くには、よく瞑想や禅、チベット密教の本などが並んでいたりする。
ある日、瞑想に関する本を手に取った。その本は難解で、聞きなれない言葉も多く使われていたが、結論としては、瞑想によって人知を超える現象を起こすことができる、というような内容だった。

その一冊を読んだだけでは、正直眉唾ものの夢物語、という認識しか持てなかったが、多少興味を引かれ、近くにあった密教の本やヨガの本などを立て続けに何冊も読んだ。

すると、不思議なことに、それぞれ使っている言葉や表現は異なるが、内容として、何となく共通した部分がいくつかあることに気づいた。

・・・つづく。

○ ブログランキングに参加中です。
 この変なテーマのブログがどの程度いけるかわかりませんが、よろしければ次のリンクをクリック(=投票)お願いします。
人気blogランキングへ



posted by 薫火 at 21:47 | TrackBack(0) | クンダリニー上昇体験の記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック