2008年04月27日

クンダリニー上昇体験の記録・その7 瞑想の過程@

いわゆるクンダリニー上昇に伴う危険を回避するためには、まずは額にあるアジュナー・チャクラから目覚めさせるのが良い、という結論に達した僕は、その日から、早速瞑想を開始した。

僕はサラリーマンなので、瞑想といっても、それに割ける時間はそう多くない。
できれば、生活の全ての時間を瞑想にあてたかったが、それではお金が無くなり、食うに困ってしまう。瞑想が進んで進化を遂げれば、食べなくとも生きられるようなことも当時読んだ本の一部には書いてあったが、そうなるまでは少なくとも食べなければならない。とりあえず、会社から家に戻り、食事を採って風呂に入った後、早速ベッドの上で瞑想を開始した。

ところで、また脱線して申し訳ないが、ここで、「瞑想とはいっても、どのような方法をとるのか」という選択をしなければならない。
当時の僕は、いろいろと読んだ本から、瞑想の手法には、様々なバリエーションがあることが分かっていた。
簡単に大別すると、@「静かで、自然なイメージのもの」、A「動きを伴ったり、強制的な印象のあるもの」。

ここで、Aのほうは瞑想ではないのでは、という意見もあると思う。
例えば、いわゆるヨガの呼吸法や、仙道の呼吸法のようなものは、蓮華座という座り方で座して、一定の手法による呼吸を強制的に反復させるが、これとて見た目は「ただ座っている」ように見え、他者からすれば「瞑想している」ように見えると思う。

ゆえに、ここでは両方とも「瞑想」として捉えてみた。そのほうが、この手の技法の全体を体系的に理解しやすいということもある。
また、結果的に今だから言えるのだが、どちらも結局は、「意識を集中させ続ける」という点では同じである。

しかし、(これも今だから言えることであるが)@の「静かで、自然なイメージのあるもの」の中の一部の瞑想法の中に、いわゆる「悟りを開く」とか、最近よく言われる「アセンション」のために必要な、「高い理解力によって実現する高度な精神」、「絶対的に平和な社会を実現するために必要な理解レベル」を得るための絶対的な近道であり、最も効果的な方法がある。

「高い理解力によって」などと表現すると、難しいことのように見えるが、最近、ネットを見ていると、アセンション情報を流している方々のうちで既にアセンションしている人は、「シンプルに生きる」「シンプルに考える」というイメージの内容を発信されている方も多い。
一見、矛盾するように見えると思うが、高い理解力を得てはじめて、全ての物事をシンプルに理解(捉える)ことができるようになる。
何も知らない人にいきなり「シンプルに考えろ」と言っても、出来る人と出来ない人に分かれてしまう。(これは批判ではありません。終着点が同じでも、人それぞれ、その過程や伝えたいことが違って当然ですので)

なお、さらに言及すると、「瞑想とは、徹底してやることで、逆転現象を起こすことである」と説明することもできる。
明確にこの表現を理解するためには、日本の「禅」の考え方が最も良いかもしれない。

「禅」の手法は、端的にいうと「人生に起こるあらゆるマイナスの出来事を率直に認めることで得られる心の安定」である。これにより、「生老病死」という変化をありのままに受け入れ、多少のことで感情を逆立てたりすることがなくなり、高い視点でいろいろな出来事を理解することができるようになる。感情にとらわれなくなると、人間は、真に落ちつき、真に物事を眺め、捉え、認識することができるようになる。

言い換えると、高い視点とは、究極的には「生=良いこと」「死=悪いこと」という二元対立を超えて初めて到達することができるものである。

「禅」では、一般的には「心を無にする」というようなイメージがあると思うが、そうではなく、自分の心の動き、そしてそれを生じさせる背景(人生の出来事)を徹底的に見つめ、ありのままに捉え認識してゆくことで、人生とは何と大変なものか、生活とは何と面倒なものか、自分は何と非力であることか、と連鎖的に理解し、自分が思っていた自分のイメージを捨てざるを得ないところまで追い詰め、手放させるところで生じる「極性の逆転」を狙っている。
なぜ手放すことができるか、それは繰り返すありのままの観察の中から、自分のイメージでさえ感情によって形成されていた「思い込み」であることが理解されるからである。

このような「禅」の手法は、前述した2つの分け方でいえば、「座って静かに心(ありのまま)を観察」するわけだから、当然@「静かで、自然なイメージのあるもの」に入る。

これに近いものに、インドのヨガの流れにある「ヴィパッサナ」という仏陀の瞑想法がある。
これは、呼吸を観察し続ける瞑想法である。鼻先を出入りし続ける空気の流れを意識で細かく捉え続けることで、この世は一瞬たりとも留まっておらず、常に流動・変転し、その積み重ねで成り立っていることに気付かせる。そこで、自分が思っている万物のあり方、捉え方に逆転現象が起こる。この世が流動している以上、全てが一過性で、幻のように過ぎてゆく映像であり、物質の固さ、質量とは幻影であることが理解されるのである。
これは、文章を読むのではなく、実際に徹底してやって始めて「真の理解」が得られる。

「禅」では、これを呼吸ではなく「感情の動き」「心の動き」を観察し続けることで行うわけであり、両者は結果的には近い技法であると言える。

ところで、ヴィパッサナの観察対象である「呼吸」と禅の観察対象である「精神」とでは、何がどう異なるのか、また異ならないのか。

ここでは結論のみ述べるが、この世は数ある次元が重なり合って成立しており、「単一のひとつの精神が生み出しているもの」である。別な表現をとると、本当はひとつなのだが、人間の感覚器官が、「微細な世界」「粗雑な世界」というように区分して捉える仕組みになっている。
精神と呼吸は、「同じひとつのものの別な形でのあらわれ」であり、呼吸より精神のほうがより微細な世界(高次元。この世を生み出している精神に近い)に存在する。物質のような固いものは「粗雑な世界=低次元」に存在する。
精神が呼吸より高次元に存在することは、精神が呼吸を支配していることからも分かると思う。呼吸を止めようと思えば、止めることが出来る。
物は、破壊しようと思えば破壊できる。言い換えれば、物質(低次元)は精神(高次元)に支配されている。

そして繰り返すが、すべての感情の動きから解放されて始めて真の理解が得られる。アセンションで必要とされる高次元の精神は、感情に支配されて短絡的に事件を起こすような精神ではない。
感情の動きとは、(気付いていない場合がほとんどだが)生=良い、死=悪いの二元対立思想によって支えられている「家族愛」やもっと狭い「事故防衛本能」等と、目の前に現れた出来事の摩擦によって生じる結果としての反応に過ぎない。このうち、もっと範囲の広い「人間愛」のようなものと目の前に現れた出来事との摩擦によって生じる感情は、実行に移すべき種類の感情である。

しかしながら、すべての感情を実行に移していたら、この世はあっという間に戦争となる。
重要なのは、感情に「とらわれ」た度合いにより、それを現実の行動に結びつけるか否かが分かれてくるということと、例えば感情のなかでも、「この人を助けたい」と思うような種類のものは、根本は2元対立であるが、実行に移すべき種類のものであるということ。

つまり、悟りとは、感情をゼロにする=無になるのではない。感情にとらわれなくなれば、何を実行すべきかが明確となるわけである。
根本は2元対立であることを認識できることが重要であり、それを見切る道が瞑想である。

このような理解に到達すると、精神はあきらかに「拡張」している。最初は、不思議な浮遊感を感じるだろう。
クンダリニーは、強制的に精神を「拡張」するため危険を伴う場合があるが、「禅」のように、精神観察から入り、自然に精神を拡張させてゆく技法は安全であり、近道である。

例えば呼吸を観察する技法は、より低次元から解放せねばならず、やや時間がかかる。そのかわり、低次元は物質に近いため、解放する際に、肉体的(場合によっては視覚的)にそれを感じることができる。いわゆる不思議体験であり、いわゆるクンダリニーの覚醒は、この次元で起こることである。

もちろん、高次元でもクンダリニーの覚醒に相当する現象はあるが、形のない精神の世界以上の次元であるため、肉体的には感じ取ることができないだけである。

また、ここでは、僕が行っていた「チャクラから覚醒させてゆく方法」も、結果的には禅やヴィパッサナが到達する境地に到達するものであるが、結論から言えば遠回りであったことだけ述べておく。
しかし、チャクラやクンダリニーを覚醒させる技法から始めた場合、たとえば「禅」では体験が難しいであろう数々の不思議な体験を通過することもまた一面として記しておきたい。

伝えたいことを一度に書きすぎ、やや方向性が分かりにくくなってきたかもしれないが、次回からまた僕の個人的体験談に戻りたいと思う。



posted by 薫火 at 14:45 | TrackBack(4) | クンダリニー上昇体験の記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック

あっちーーーー!!!!!!
Excerpt: 人生初のSМやっちゃいましたw つってもプチSМですが(^−^; 僕は痛いの嫌いなのでS役。 М女をたっぷり調教してやりましたよw しゃぶらせながらムチでビシビシするのは何とも言えない快感でした・・・..
Weblog: まあむ
Tracked: 2008-09-23 08:37

びひゃあぁぁぁぁぁい!
Excerpt: こないだ女にロー夕ーと電マ持って来させてマムコを集中攻撃したよ(`・ω・´) スゲエ声でアンアン言いまくって、もの凄い勢いで9マソくれたよwwwwww 寝て稼ぐのもいいけど、たまには攻めるのもアリだよ..
Weblog: コンプ
Tracked: 2008-10-03 17:28

試写室にてwww
Excerpt: お互い家でするのは嫌だし、ホテルってベタだし・・・試写室でヤってきたww スリルあるし密室感あるし普通よりスンゲー興奮したwwwwww 女もスゲエ濡れ濡れで何回もイってたしw おかげで10マソも貰えた..
Weblog: 暴走
Tracked: 2008-10-25 06:41

スッキリ♪
Excerpt: ちょw 山ちゃんに教えてもらったとこウマすぎwwww そらロレックス買えるわなって話(^^; 試しにやってみたんだけどさ、初めてなのに5万貰えたわwwwww http://ZCV3BfYz.sefr..
Weblog: ねつら
Tracked: 2008-12-06 21:40